Uni-waは事業主の共同体です





だから スタッフ達もそれぞれ「個人事業者」として各自の仕事を持っています
彼らの中にある”何か”は「同じ匂いがする」んです
それは私の感性の鼻が嗅ぎ分けます
そして4年余
チームとして家族として
「命の交流」を基盤とした付き合いを
同じフィールドで活きるそれぞれの生き様にシミつけました
 
彼らはその感覚と心持ちを生き様で伝えてくれます
 
uni-waのstuffを紹介します
 
 

高熊美鈴 Misuzu Takakuma

温熱&リンパマッサージサロンai美〜代表
uni-wa soundness body-work  manager 


 

長野県松本市・上田市を中心に、温熱療法とリンパマッサージを提供する高熊美鈴さん。
Uni-waでは「ヘルスケアプログラム」を担当してくれます。
私のコンサルティングの中で、彼女はエネルギーボディの感知能力が非常に高まりました。
施術中にクライアント様の意識場に共鳴できること。それはクライアント様のエネルギーがたやすく動くきっかけをもたらすことができるということです。
ボディーワークの技法のまま、メンタルボディにアプローチしていく独自の方法
エーテルボディスキャン・エーテルボディヒーリングも希望者には施術しています。
 

 
 
 
 

 

桜井奨 Susumu Sakurai

温熱療法家
セルフケア実践アドバイザー
uni-wa soundness body-work  メインファシリテーター


 

 
長野県各地、名古屋、鎌倉と、各地で温熱療法とヘルスケアを提供する桜井奨くん。
Uni-waでは「ヘルスケアプログラム」を担当してくれます。
私のコンサルティングの中では、彼のキャラクターを活かし「対外的な活動」をメインに組み立てていく方法を試してもらっています。
また、もう一つ彼の大きな武器は「サポート能力」
体の本質的な機能に働きかけ、過去ではなく働きかけた「いま」からの対応ができる
温熱療法は、様々な施術へのサポートとしてナイスな方法なのですが、
桜井くんの人柄が、コラボレーションでの施術の際の「サポートエネルギープレゼンター」としてのわきまえが素晴らしいのです。
そして現在は彼がメインで施術をする際のイメージトレーニングをしているところ。
シンボリックエナジーやグリッドワークをこの後彼はマスターします。
 
 

 
彼を見て一番最初に感じた事。それは「どんなスポーツ経験者なのだろうか?」ということでした。
なぜなら一対一のやりとりにとても強いし、適材適所に人を割り振る能力も高い。攻守の切り替えも早いが、じっくりと先の事を考えながらひとつづつクリアするのに余念がない。
自己紹介用のシートを見て、「野球」という文字を見た時、正直意外な気持ちにもなった。「サッカーやバスケット選手」とも思えることもあり、「いや、やはり野球をやっていたのがわかる」という気持ちにもなる。
どんなものにも当てはまるけれど、当てはまらない。
自由であり、変化への適応能力の高さを見せる人、それが桜井奨だとおもいます。
 
2014年4月 彼は今までの会社をやめて独立し、「温熱療法」のボディーワーカーとしてスタートを切った。周囲の友達や知人からは、今までの職業や、そして彼が自ら企画し毎回多数の人間が集まる異業種交流イベントを開催するのとはまったく異なる業種でのスタートに、心配の声もあがったという。
しかし、彼はこう言った。
「みんながこの温熱療法を知っているポピュラーなものなら、先が見えている。しかし、広まっていないからこそ、”僕が”僕の広めたいように広められる。 これはチャンスだと思いました。」と。
 
 
ところが、そんな彼からでた幼児期の思い出は「車にひかれそうになったこと」の一言だけ。そして、自己紹介でも「びびりなこと・緊張しい」と自らを表現している。
そう、臆病と自らを表現するのだ。
 
新しい世界に飛び込む時の未知数を恐れない。けれど、自分はびびりである。
 
一見矛盾しそうにみえる彼は一体・・・? しかし、自己紹介シートの中に答えはあった。
とてもシンプルに短文で記入されたシート、沢山の人をカウンセリングしている私でさえ内容を汲み取るのには自由すぎる。そう、彼が結果を出すまでの「間のシナリオ」はあまりにも状況に柔軟に対応して変化させていくため、言葉では表せつくせないのだ。
自分の直感でこれからを決定するのに、彼は姑息な想定は一切しない。
そのかわり、結果には「満足」だけを置く。
そして経過は無限の方法を柔軟に取り入れ変化させる。
 
本当に成功する者。自分の人生の勝者になる。
そんな桜井奨を表す3つのポイント
『苦手に立ち止まらない』『みんなが楽しめなきゃ!』『締めは感動でおわる!』
 
施術家としてだけでなく、様々なイベントプロモートもしている桜井くん。
現在は長野県各地・名古屋・鎌倉で温熱療法や家庭で自分でできるセルフケアをひろめるべく活動をしています。
 
 
 
 
 

 

豊田恭平 Kyouhei Toyoda

温熱療法家
ZEN経絡セラピスト・ISD個性心理学インストラクター
uni-wa soundness body-work  メインファシリテーター


 


長野県上田市を中心に温熱療法を普及している豊田恭平くん。
Uni-waでは「ヘルスケアプログラム」を担当してくれます。
彼との対話は、常に相手が心地よくなるコミュニケーションができます。
けれど、私のコンサルティングの中では、彼が温熱療法を施術する際には「無言」を提案しました。彼の中にある、本来の彼の器の大きさを表現することを、私は「無言」によって達成されることを伝えました。
その、引きの美学をマスターしたことで、彼のクライアントは今まで以上に、施術家に身を委ね解放することがたやすくなりました。一対一というエネルギーの交流がストレートになる場で、彼は観音のエネルギーの波長をキープすることができています。
一方で彼の性質をバランシングするための「ISD個性心理学」は、コミュニケーションの特徴を楽しみながら伝えています。今年度は体験型のコミュニケーションワークと個性心理学をコラボレーションしたWSを開発していきます。
 

 
彼、豊田恭平が座右の銘にしているのは「器を大きく」
 
この言葉は、中学の恩師の言葉だそうです。彼の努力を認め、頑張れ!と応援してくれることが、自分のやり方を実行し、訂正すべきところは訂正する。という責任をもつ人間性を育てることになり、逆境の時でも、それらに飲み込まれず、どうすべきか。という冷静な観点を見つけ出すまでに至ったのでしょう。
そんな彼を物語るいくつかのポイントは・・・
 
『決して自分の意見を人には押し付けない。』
本人のどうしたいか。という意向をとても大切にする彼は、時に自分の中では本意ではなかったとしても相手を尊重し陰ながら応援する態度で対応します。そういう意味では仕事のパートナーや仲間とのつながりが親しき仲であっても、厳しさと優しさをもって接するので、本当の仲間として一旦チームを組むと、とてもクオリティの高い仕事のできるチームを創れるでしょう。
ただし、そんな彼も「恋愛」についてはそんな「いい人」の側面がちょっぴり仇になったこともあるとか・・・ こればっかりは優しさで尊重しているだけではだめなのかな。笑
 
『自分が目指したい者になるための努力は日々コツコツと』
彼は人と自分を基本的に比較しません。自分がどれだけ向上するか、より出来るようになるにはどんなことをすればいいかを常に考えるマナビの姿勢の持ち主です。
変化をするのは自分。
よりよくしていくのも自分。
様々な工夫と努力と切り替えの引き出しを多く持つ彼は、迷う人達jへの対応でより強く絆を結ぶことができるのです。
 
『相手に笑顔と意欲をプレゼント』
私達が人として目指したい行動を、成人前から身につけて来た彼が選んだ職業は「介護」そして「ボディーワーク」です。お客様に安心感を与えること。そして笑顔になれるように相手への配慮をするのは、子供の頃からお手の物の彼。さらには、肩を痛めたり途中の逆境から学んだ、自分をふりかえりメンテナンスするためのスキルを身につけるに至った経絡指圧や温熱、そしてストレスの原因となる人間関係を円滑にするための個性心理学は、人生を楽しく生きる為のベースとなる健康と幸せ感に気持ちを向けることをサポートすること。
身の回りの人々に本来の人間性を人に気付かせることで社会貢献するという大きな目標を掲げ、彼は日々精進しています。
 
 

 

森山理絵 Rie Moriyama

さとう式リンパケアインストラクター
フラワーレゾナンスセラピスト
uni-wa soundness body-work  メインファシリテーター


 


長野県上田市を中心にさとう式リンパケア普及している森山理絵さん。
Uni-waでは「ヘルスケアプログラム」を担当してくれます。
彼女は「存在がセラピスト」といえるほど、なにもせず、ただそこにいるだけでも「心がほっこり」するオーラの持ち主です。
彼女は、何をこの先やっていきたいか。を持ってはいませんでしたので
私のコンサルティングは、このオーラを最大限に活かすことから始まりました。
オーラを活かすということは、その本人の魂を全面に表現するということ。
長野で5回ほど継続して開催した、協働分配の気持ちよさを体感してもらうイベント「Luna Festa」に参加していただいた、武井路恵さんが施術されていた「さとう式リンパ」この施術が彼女のオーラ、そしてキャラクターにピッタリだと直感したので、すぐさま提案させていただきました。その後彼女はインストラクターに。本当にぴったりなので是非みなさま体感されてください。
また、もうひとつ彼女にプレゼントしたのは「フラワーエッセンスをつかったさとう式リンパ」のプログラムです。
エネルギーを増幅させた上でさとう式リンパを施術することで、自然体に導くエネルギーを循環させながらの施術になるわけです。ただでさえ楽なさとう式がもっと楽に、エネルギーが巡ります。
そして
今年から彼女にマスターしてもらうのは「星のエネルギーワーク」
自然と宇宙のエネルギーをここちよく発信できるセラピストとして活躍します。
 

 
 
 

 

X